マレーシアパートU 1/2

キャメロンハイランド
2001年9月〜10月
松本清張がマレーシアの軽井沢と絶賛し、ここを舞台に小説「暑い絹」を書いたキャメロン高原.日本語「静かです」「静かではありません」「静かでした」難しい日本語のテキストを使ってマレーシア人に教えるため他のボランテア6名と共に滞在した.このカリキュラムは、.2年前から年2回各10週間行っている, 私は2001年夏のみの参加.キャメロンハイランドはクアラルンプルの北200km、1500〜1900mの山岳地帯、高地のため夏涼しく冬暖かい年間を通じて気温が安定したリゾート。マレーシア国内はもとより.ヨーロッパ各国、オーストラリア、日本からも観光客が訪れ賑わっている.現地人の殆どはもともと英語が堪能、ヨーロッパから来る人の多くは英語が出来るが日本人客の大半は英語が不得手。今後日本から観光客が増えると予測し現地ホテルマン、商店主、銀行員、ポリスマン、医者などが熱心に日本語を勉強しようとの姿勢、滞在したタナラタの町には大小ホテルが多く点在、周辺はジャングルトレッキングコースが十数か所、ゴルフコース一か所、半日観光バスも出ている。娯楽施設はあまり無いが大きい病院、警察もあり治安は良い、日用品や食料品が安く.空気が綺麗、住居費もやすく日本の夏冬を避けて2〜3ヶ月この別天地でゴルフやトレッキングをして過ごす人たちがいる。年金生活者にとっても長期滞在に好適な所でもある.


キャメロンハイランドの山並み.


キャメロンハイランドは紅茶の産地として有名、山肌一面に紅茶畑が広がる.、手前の人は同じバスで観光した英国から来た大学生

見渡す限り紅茶畑、取れた紅茶の殆どは英国に輸出される.
.

ジャングルトレッキングも楽しみの一つジャングル内で見かけた花.、現地名フシア

ジャングル内で見かけた可愛らしい食虫植物.の一種、この植物は稀少植物のため勝手に採取する事は禁じられている.この

町のはずれ、整備された公園、


公園脇のしゃれた橋.中央屋根の下で憩うのは住民.


タナラタ町中心商店街.人口は多くない、買物の時日本語で有難うと言ってくれる店がかなり多い.

大衆食堂はインド系の店が多い、釜飯は日本円換算130円


クアラルンプルから来たという家族連れとしばらく話したときの1人愛想が良かった。マレーシア美人?



手入れの行き届いたゴルフコース、プレーフイーは安い、1ランド約1300円キャデイフイは500円から700円、ゴルフ場へ着くと雇ってくれとキャデイ(男性)が集まって来た.コース途中子供たちがロストボールを売りにくるのでよく見ると先ほどOB無くした自分のボールもちゃんと手にしていた.

日本から持参した手作り材料で日本伝承玩具紙トンボとブンブンごま作りを現地の子供たちに教える.ここはインド系レストランの片隅.

最初うまく回らなかったブンブンゴマ回し、要領を教えると回り出した.


この屋台はバナナや野菜を使ったホットケーキを、1個1リンギッド(日本円36円)で売っている、味も良い、値段表は日本語で記載.

町はずれ.に並んだ屋台、果物の天ぷらも売っている.

クアラルンプルからキャメロンハイランドへの途中の町リングレットの道ばたでドリアンを売る屋台.

キャメロンハイランドの屋台、果物ディク.ラングサット(手前)とランブタン(赤い)が見える.はかりに乗っているのはドリアン.イチゴ以外の果物は全て安い.(下記南国果物の紹介を参照下さい)

マレーシアの果物の紹介.(名前は現地語で記載)

Duku Langsat、適度の甘さあり実はみかんのように袋状になっていてジェリー状、真ん中に種がある1kg180円.女性に人気あり.

Belimbing(断面が星形のためスターフルーツともいう)皮ごと食べられる、酸味があるが適度の甘さでジューシイ.4個 100円


Gua fluit、 甘くはないが梨を硬くしたような舌触りの果物.1kg150円

Casa apple、.実は白いがざくろと同じ、種もざくろと同じ大きさ、日本のざくろ程甘みはない.1kg 150円


Durian.、 匂いがきついのでホテルの部屋へは持込禁止、初めての人はナイフでこれを切り開くのは難しい、ホテルの女性や、日本語を習ってる生徒に切ってもらったが簡単に切った、.この大きさで一個210円

ドリアンは匂いがきついため好き嫌いがある,が好きな人には果物の王様.


Papaya 長さ21cm、おいしい果物ではないが値段は安い1kgのもの2個で54円


Rambutan.指で割って白い実を取り出して食べる.ゼリー状で甘い. 真ん中に種がある.、中華料理に使われている.1kg 120円女性に人気あり.

マンゴスチン 1kg 150円

マンゴスチン、皮が分厚く中身は甘い.