インド3/3

アグラ
ツアーの目玉は世界的造形美タージ・マハールを見ること、入る前日ガイドからの説明でここへ持って入れないものは、大きいスーツケース、懐中電灯、ライター、マッチなど数種類の品物の名前があった、入場ゲートでガードマンにより一人一人が持ち物チェック、ハンドバックなど中をあけさせられた後服装点検、さすが時代を感じさせられた.中に入って前方に現れたタージ・マハールの優雅な姿に引き付けられた.

ガムール帝国時代皇帝じゃー・シャハーンが妃の死を悲しみ22年の歳月をかけ1653年完成した石積み建築.

タジ・マハール入り口付近.

入り口でチエックを受けて一歩入ったところ.見学帰りの客

水面に映った静かな佇まい.

どの方向からも美しい.
正面左からの風景.

同左.

逆方向の庭園入り口風景.

入り口.

若夫婦で見学に来ていたインド婦人.快く撮影に応じた.

タージ・マハール正面.



世界遺産アグラ城.ここから遙か向こう小さくタージ・マハールが見える.

霞がかかっていたがアグラ城から600mm望遠撮影.

赤砂岩の城壁が美しい.

アグラ城内部.

王様が入ったという風呂釜、中に階段が2カ所設けられている.

アグラ城城壁に囲まれた庭園、

アグラの街角に立つ銅像.

アグラの街で見かけた高校生?

アグラからデリーに向かう途中の街で.

同左.
インド旅行10分間の動画です。
→フィンランドへ