カリブ海・パナマ運河クルーズ  5/7
パナマ:パナマ運河
パナマ運河の全長(両端の海を結ぶ水路を除く)は約64km、太平洋側から8km進入してバルボア港、そこから4kmの最初の閘門に入り17m上昇ミラフロレス湖を進み次の閘門に入って9m上昇ガトゥン湖へ、そこから三つの閘門を経て26m下がり7kmの水路を通りカリブ海へ出る.. ドックの幅とクルーズ船(レディアンスオブザシー)との隙間は片側で75cm、船を引っ張る両側の機関車の動きは慎重、見物のための船内の場所とりに朝4時に起きたが既に先客が甲板の良い場所に集まっている、それでもまずまずの場所を確保、パナマ運河通過光景を見た..船内でパナマ運河通過証明書を受け取る.

太平洋側からパナマ」運河への入り口、南北アメリカを結ぶ巨大な
ラス・アメリカ橋(長さは1647m)が見えてくると.興奮は最高潮、午前
6時ごろ通過


船はラス・アメリカ橋をくぐった.



甲板上でパナマ運河通過を見守る船客


右舷の機関車、船舷とドック壁との隙間は75cm.


最初の閘門ミラーフローレス、手前の水位を向こう側の水位まで
上昇させて開く.

子供たちが岸で手を振って歓迎.


太平洋より17m水位の高いミラフロレス湖に架かる橋.


通過途中の風景.


太平洋のレベルより26m高いガトゥン湖を通過.


カリブ海側の閘門の一つ、手前の水位をポンプで下げる.


最後の閘門.


上記の閘門、左下に船首が見える.


左舷を引っ張る機関車.


後から入ってきた客船「サミット」

.
上記閘門に船は最接近
.時間調整のためここでしばらく停泊
した.


最後の門が開きカリブ海側水路に出る.午後5時過ぎ.


パナマ運河通過中の動画:約9分