オーストラリアパートU 6/8
タスマニア 1/2
オーストラリア本土と南極の間に位置する,タスマニア島、面積は北海道より一回り小さいがこの島1つが州である、人工は約50万人、メルボルンから飛行機で1時間、南の玄関口はホバート、緑一杯の自然、海、山、丘、谷、川全てが本土とは異なる大自然美は本当に素晴らしい.
ホバート
ホバートは前方にダーウェントン川背後にMt.ウェリントンがそびえ美しい落ち着いた街である.シドニーに次いで2番目に古く現在でも19世紀の雰囲気を残す建物あり.ホテルの管理人に教えて貰って先ず波止場からクルーズ船で湾を一周した後、Mt.ウエリントンを観光バスで見学.

港を出て直ぐ左手に見えるオシャレな住宅群.

クルーズ船の名前はエンマリサ、この日は子供を連れた乗客10人程度のんびり気分で美しい景観を堪能する家族.

ひときわ目立つ建物はレスト・ポイント・ホテル・カジノ、1973年のオープン.

左上写真場所の遠景、サンデイベイ.

日本からの海洋調査船2隻が停泊中.


長いタスマニア橋、この橋の向こうにもう一つボーン橋が見える.

Mt.ウエリントン展望台からホバート市街ダーウエント川の景色は素晴らしい.

展望台は岩山の上に突き出ている.

夏の日ではあるがここは涼しい.

ホバート市内の公園.広くはないが美しい場所.


市内に佇む1830年建造悔罪のための礼拝所.

ホバート市内、クリスマスシーズンの大売り出し中の商店街、通りはコーヒータイム.

クリスマスシーズン、商店街でクリスマスソングを歌う若いコーラス隊です.

道に座ってコーラス隊の歌を聴く子供.

コンスティチュション.ドックに浮かぶシーフッドの店、生きのいい魚を水道水を流しながら包丁でさばきながら売っている、値段も安い.

コンスティチュション.ドックに浮かぶMakoフローティングレストラン、奥のカウンターに腰掛けてスキャロップフライとポテトチップスを注文、しばらく待つとボリュウムタップリ揚げたてが運ばれてきた、塩をぱらぱらふりまき味は絶品お腹一杯、$10 は安かった.